プログラマの初心者が行うこと

プログラマの初心者はすべきことが多くあります。
会社の普段の業務に加えて自分の勉強もあるからです。
しかも、会社の仕事はほとんどがルーチンワークになりがちです。
バグ取りや仕様書通りのプログラミングです。
その作業量は繁忙期には膨大なものとなるので、自分のスキル磨きが後回しになってしまいます。

そこで、業務の中の仕事をいかに活用するかが必要となります。
バグ取りは人のコードを読む良い機会と言えます。
自分がコードを書く場合には、すでにあるものの焼き直しが多くなりがちです。
そこにどのようなひと工夫を施せば良いのか、大いに参考になります。
優秀なプログラマーがいれば、非常にシンプルかつ効率的なコードを目にすることができます。
そのテクニックを真似することによって、プログラミングスキルを高めることが可能になるのです。
この作業を行うことで、バグ取りはもちろんのこと、コーディングのテクニックも向上することにつながります。

当初の数ヶ月は目の回るような忙しさですが、それは確実にスキルアップにつながるのです。
けれどもこのような目的意識を持っていなければ、単に忙しさに翻弄されて終わってしまいます。
初心者から早い脱却するためには、その繁忙期をどのように活かすかにかかっています。
それに加えて自分のキャリアプランをどのように立てるのかを考えることも大事です。
将来の自分のキャリアを目標にして、今何をすべきかを考えることが重要というわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です