初心者プログラマがまず任される役割

プログラマとして経験の浅い初心者は、いきなり開発の現場についたとしても仕事がこなせません。
多少プログラム言語を知っていたり、簡単なプログラムが組めたとしても、プロの開発現場ではスキルは通用しないです。
このことからプログラミング初心者が、直接的に開発現場で活躍できる場面は限られています。

基本的には、まず誰でも出来るような簡単な作業をこなすのが役割です。
簡単なコードを書いたり、重要性の低いプログラムのテストなどを行います。
初めは、こうした簡単な仕事でも、失敗する場合はあります。
しかし、経験を積んで職場の雰囲気に慣れるにつれて、開発のための実力は身につきます。
仕事の進め方がよく分かるようになり、ビギナーの段階から一歩前へと進めるでしょう。

何より、先輩プログラマの仕事ぶりを観察し、ノウハウを吸収するのが大切です。
実際のプログラミングの現場から、学べる知識は多数あります。
開発現場にいるからこそ、勉強できる実践的な知識が多いです。
たとえ新人は即戦力としては活躍できなくとも、これからの活躍のための準備は可能です。

こうして初心者である事実を把握し、先輩たちの仕事をよく見てスキルアップを目指してきた技術者は、実力が身につけられます。
現場で活躍しているベテランの技術者たちも、初めは新人たちに過度な期待は持っていません。
今後の成長を見越し、いずれは開発現場でスタッフとして活躍してくれることを望んでいるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です