初心者プログラマの職場での過ごし方

情報サービス系の会社は、高卒未経験でも入り込むことができます。
学歴が重要視されにくい業界なので、高卒未経験の人でもやる気さえあれば採用はしてもらえます。

ただ、一年目の人は初心者プログラマと呼ばれて、まともな仕事は任せてもらうことができないのは当然のことです。
プログラムにバグが混入するとそのチェックも大変になりますし、大人しくできることだけをやっておいた方が会社のためになります。
ですから、初心者プログラマの多くは、雑用を任されるケースが増えるでしょう。
コピーを取ったり、オフィスの掃除をしたりということが仕事のメインになることもあります。

しかし、これはどの業界であっても同じことです。
情報サービス系の会社だからといってすぐに重要な仕事を任せてもらうことができるわけではありません。
専門職として入社をしても、初心者のうちにはそういった仕事をしなければならないわけです。
ただ、その間も先輩の仕事のやり方を研究することはできます。

一日も早く戦力になれるように、余った時間で勉強をするのも推奨される行為となります。
簡単な仕事をこなしているだけでも、プログラマとしての基礎力は高まっていくのでそれほど心配をする必要はありません。
数年もすれば、誰でも一定レベルのプログラミングができるようになります。
そして、そこからが本格的なスタートになります。
それ以上高い場所へ行けるかどうかは、持って生まれた才能だけではなく、本人の努力次第で決まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です