初心者でも十分戦える職業プログラマ

プログラムは、難しいという印象をお持ちでしょうか。
統合開発環境が無償で提供されることが一般的でなかった1990年代までは、勉強を始めることさえ困難で学習の敷居は高かったと言えるでしょう。

しかし、2000年代以降はインターネットも十分に普及すると同時に無償で提供される開発環境や便利なライブラリも増え、初心者プログラマも参入しやすい環境が整ってきました。
世の中のあらゆるサービスはシステム化され、ほとんどの人がスマートフォンで何らかのアプリを使っていると言っても過言ではない現在、プログラマの需要は増す一方です。

更に、一口にプログラムと言っても当然Androidスマホ向けのプログラムとiPhone向けのプログラムでは、プログラミング言語も異なり、同じ職業でありながら求められるスキルは似て非なるものです。
初心者であっても需要の高いJava、Swift、Pythonのようなプログラミング言語から選択、特化して学習を進めれば十分プロフェッショナルとして活躍できるプロジェクトが多数あると言えるでしょう。

また、システム開発に必要なプログラミングの情報に留まらず、プラットフォームとなるOSや開発で用いるライブラリのドキュメントが和訳されておらず、英語の文章しか無いケースもあります。
英語が得意であれば、こういった場面でプログラミング能力と併せて活躍できる場面を増やすことも可能です。
初心者であってもプログラムの学習の敷居が下がった分、その他のスキルとの組み合わせでベテランと同じ土俵に立てる可能性もあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です